補聴器本舗TOP > 聞こえについて

聞こえと難聴について

耳のどの部分に原因があるかで難聴の種類が分かれます。
「伝音難聴」とは、音を伝達する外耳から中耳にかけてどこかに障害があるために起こる難聴です。大部分は医学的治療によって聴力を回復させることができます。
「感音難聴」とは、音を感じる部分の内耳以降に何らかの障害があるために起こる難聴です。聞こえにくいだけでなく音の強弱に対する感覚障害やことばの聞き間違いなどが起こります。医学的治療は難しく、補聴器にも高度な処理が要求されます。上記の両方に原因が生じた障害を「混合難聴」といいます。

補聴器とはどんなものなのか

補聴器は外部の音量を増幅して聴こえを補うための医療機器です。
近年の補聴器は機能も充実し、よりコンパクトにお洒落なデザインの補聴器が増え選べる幅が広がりました。

大きく分けてアナログ補聴器、デジタル補聴器、オーダーメイド補聴器があります。
アナログよりデジタルのほうが細かな調整や機能が多くなり、よりクリアで自然な音を再現できます。アナログ補聴器と比べると多少高価なります。
オーダーメイド補聴器は一人ひとりの耳の形状や「きこえ」の程度に合わせて、オーダーメイド(手作り)で製造されますので高価になります。補聴器本舗ではより長くお使いいただけるオーダーメイド補聴器をお勧めしておりますが、お客様に納得いただけるようにライフスタイルやご予算にあせてた商品選びをお手伝いいたします。

補聴器のタイプも様々で、耳穴方(CICタイプ、カナルタイプ)、耳かけ型、ミニ耳かけ型、ポケット型など機種は数え切れない程あります。まずはスタッフのアドバイスを受けながら実機を試聴して、しっかりとお選びください。

補聴器は聴こえを補うための機器です。機能や性能だけにとらわれず耳の状態を理解した上で適切な補聴器を選ばれることをお勧めします。
補聴器本舗では地域の専門医とのネットワークがありますので診断の結果にあわせ、お客様一人ひとりに合った機器をご提案させていただきます。ご購入後も慣れるまでのリハビリと補聴器の調整が必要になります。アフターフォローもしっかりサポートいたしますのでご安心ください。

聴力の低下は、視力の低下に比べて自覚しにくいと言われています。いろいろと不安がある方はご家族の方とご一緒にお越しください。

購入までの流れ

聞こえについてのご相談や補聴器選びのアドバイスから、補聴器の販売、ご購入いただいた補聴器の調整、無料点検などサービスを行っています。ぜひ、お気軽にご用命下さい。

ステップ1:ご相談

聞こえが低下した時期、生活の中で不便と感じる時などお気軽にご相談下さい。ご要望にあわせて専門の相談員がお伺いします。

ステップ2:聴力測定

聞こえの程度や範囲(音域)、言葉の聞き取りなどを把握するために聴力測定を行います。

実際に試聴用の補聴器を着けていただき、様々な環境音や会話の聞き取りを体験できます。
ご要望により1週間、無料貸し出し致しますので、実際の生活環境でじっくりお試しいただけます。

ステップ4:補聴器選び

補聴器の種類や特徴をご説明し、納得できるものを選んでいただきます。

ステップ5:補聴器のお届け・フィッティング調整

一人ひとりの耳のカタチ、聴力に合った「オーダーメイド補聴器」の場合、できあがった補聴器を装着いただきお客様の聞こえに合わせて音量や音質を調整します。

ステップ6:補聴器選び

お客様のご要望にあわせてご自宅まで無料出張いたします。ご希望の方はスタッフまでご相談ください。
また、補聴器は買ってからの調整やメンテナンスが、買うまでの機種選びと同じくらい重要です。
補聴器本舗でご購入後のアフターフォローも無料で出張いたします。

注目コンテンツ

  • “あなた”や“あなたの家族”は大丈夫?「簡単 聞こえのチェック」
  • MAP(所在地)
  • 「聞こえのでお悩みの方、お気軽にご相談ください」補聴器本舗お問い合わせ・ご相談
  • GLUCK会社案内:補聴器本舗は医療機器総合販売の会社です
  • GLUCK会社案内:補聴器本舗は医療機器総合販売の会社です

このページの先頭へ